Search 
高度な検索

当サイトについて

掲載のお申し込み

Welcome Guest 
メインメニュー
ライナビメニュー
スポンサードリンク
トップ  >  バイクコンテンツ  >  ツーリング  >  基礎知識

ツーリング

距離は大したことなくとも、風を感じ、景色を楽しむ。
例え近場でも遠方でも、「出かけてみよう」という気持ちこそがツーリングの原点と言えるのではないでしょうか。

 

ツーリングの種類

  • ソロツーリング
  • 誰かにペースを合わせる必要もなく、好きな時に走り好きな時に休憩し目的の有無すらも自由。
    そんな、いわゆるぶらり旅から道具を山積みにして出かけるキャンプなど、
    とりあえず“自由に走る”ことができるのがソロツーリングです。
    ちょっと美味しいものを食べに行く。
    テントに寝袋、自炊道具を積み込み、自炊と野営を楽しみ旅をする。
    ライダーズハウスやユースホテルをハシゴする。
    楽しみ方は十人十色、千差万別。
    あなたなりの楽しみ方を見つけましょう。

     

  • マスツーリング
  •  

     

  • タンデムツーリング
  •  

     


マスツーリングを更に楽しく!
ワイヤレスインカムはB+COM(ビーコム)

服装・装備

バイク乗りの基本は「長袖長ズボン」です。
これは、常識やモラルといった次元のことなので、正直真夏日にはTシャツで走りたくなる気持ちも分かりますが、
ソロツーのときはともかくマスツーのときは真夏でも長袖を着用するようにしましょう。

最近は通気性の高いメッシュ生地のジャケットも売っていますしお勧めですが、その内容は個人によって様々です。
万が一の安全が大前提ではありますが、それを絶対とすると選択肢はプロテクター入りの革ツナギしかなくなってしまいまし、
今のご時世はバイク用品店に行けばスポーツ系・アメリカン系・ビクスク系など大抵の流行に沿ったウェアは置いてありますので
そういったものを買うもよし、一般の服飾店のものでもある程度厚みのあるものならよろしいのではないでしょうか。

パンツに関しては大半の方がGパン、一部の方がレーシングパンツといった感じなので、あまり深く考える必要はなさそうです。

装備につきましては、「準備はOK?」内にチェックシートでまとめてみましたのでご参考ください。

 

心構え

 

走り方

  • 千鳥走行
  • マスツーリングにおける基本は「千鳥走行」です。
    図のように、先頭は車線の左寄り、その他は左右交互に続きます。
    先頭はペースメーカー兼ナビゲーター、最後尾は全体の状況確認と総合的な補佐を行います。

    先頭は逐次ミラーで後方を確認しながらペースの配分をし、また、信号などで隊列の分断を極力避けるよう減速するなどの状況判断をしつつナビゲートもしなければならないため、ある程度の経験が必要となります。

    最後尾は隊列が分断されてしまった場合のフォローや、合流・車線変更時の隊列全員分のスペースの確保などをするため、こちらもある程度の経験が必要です。

    そのどちらでもない方にも役割はあります。
    もしも信号などで隊列が分断されてしまった場合クラクションを鳴らし先導者に伝えたり、自分の後ろの人が遅れ始めたら自分もペースを落としそれを伝達するなど、全員でフォローを行いましょう。

    なお、図における1・6が上級者、2・3・5が初・中級者、4が初心者向けのポジションと言われています。
    自分の慣れに見合ったポジションをリーダーに相談するようにしましょう。

     

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:37 平均点:4.59
カテゴリートップ
ツーリング
次
目的を決めよう

P.M.N
Project Minstrel-Hall.net
S.P.M
Sound Project Minstrel-Hall.net
M.P.M
Market Project Minstrel-Hall.net
W.P.M
Webllinks Project Minstrel-Hall.net
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1 Copyright© 2001-2009 Project Minstrel-Hall.net